トレッキングは登山のように本格的に山を登るのではなく、山の雰囲気や景色を楽しみながら山を楽しむスポーツです。

 

私も健康のために時々トレッキングをしています。

スマホやカメラで美しい景色や花を撮りながら歩いたり、途中でバーナーでお湯を沸かしてお茶を飲んだりと自由に楽しんでいます。

 

トレッキングの魅力は服装にもあります。

かつて山ガールファッションと言われたように、おしゃれなアウトドア用の服装を着て、尚且つしっかりと装備もして山を楽しむ女性が増えています。

 

トレッキング初心者は、まずは服装から入ってみてもいいかのしれませんよ。

 

特に女性の方であれば、春夏、秋冬と季節ごとにコーデネートを変えて、自分がいいなと思うスタイルから入ると楽しみも増えますし、まず自分自身が嬉しく感じる事でしょう。

 

トレッキングは一緒にいるような人がいる場合は、ずっと行動を共にすることにもなるわけで、道中にはいろいろな人と出会う事にもなります。

 

最近はトレッキングをしている人がすれ違えば挨拶をするという事も珍しいことではありません。

 

山ガールファッションのおしゃれな女性たちにも出会うのですから、男性も服装などどうでもいいというわけにはいかなくなりました。

 

お洒落をするというわけではありませんが、それなりの服装はしたいですよね。

 

服装は体を動かしやすい服装ということになりますが、何を着るか・・というより、どう組み合わせて着るか、を考えることが大切です。

 

トレッキングの途中で気温は変化します。山のふもとよ頂上ではかなり気温差がある場合もありますからね。

 

この気温差に対応できるように服装でコントロールします。

  • 肌着(アンダー)
  • 中間着(ミッド)
  • 外着(アウター)

この3層を重ね着して体温を調節しましょう。

 

アンダーで汗を吸収し、ミッドで保温、アウターで雨風をしのぐ、という役割になります。

 

おしゃれな中でも、吸水性、速乾性、透湿性、防水性、撥水性、軽量性などトレッキングに適した機能を持つ服装選びが大切です。

 

また、靴も重要な要素です。

 

アウトドア専門店などへ行くと、必ずトレッキングシューズが売ってますので、そこから選ぶのが無難です。

 

町歩き用のスニーカーよりもソールが固く、足首も固定されているので、疲れにくく、捻挫などの怪我も防げます。

 

このよういん、ちゃんとした服装であれば体も動かしやすいはずですから、これはトレッキングを楽しむための必要条件といっても良いかもしれません。